『恋のラーメン』さんのマイラーメンノート

登録日:2011-02-13 11:50:36

自己紹介

総レビュー数:
13
 ○ 189位/全国
レビューいい麺!:
14
 ○ 118位/全国
総写真投稿数:
12
 ○ 318位/全国
写真いい麺!:
12
 ○ 94位/全国
訪問者数:
63
 ○ 267位/全国

1/2ページ

(1~10件目)

12次へ>

行った!お店を表示しています

中華麺食堂 清太麺房(岐阜・大垣・揖斐川)
本巣市三橋2丁目29
非常に『味噌ラーメン』らしい力強さを感じた今回の『ラーメン』。 まずスープを飲んで口の中に広がるのは濃厚な『味噌』の味。 そして『味噌』独特の豊かな香りとコクがスープを飲んだ後も余韻が残る。 『味噌ラーメン』らしく『こってり』しているが口当たりは軽く後味も意外と『すっきり』している。 この『味噌ラーメン』も中華鍋で野菜を炒めてスープを作る方法だが、この野菜のモヤシ・キャベツのシャキシャキとした食感と野菜から出る甘みがスープに溶け込んでいる。 時折感じた『唐辛子』の『辛み』が良いアクセントとして味覚を刺激している。 ラーメンの最後の方で『味噌辛さ』があったが許容範囲。 この『味噌ラーメン』も中華鍋で野菜を炒めてスープを作る方法で、モヤシ・キャベツの甘みがスープに溶け込んでいるしシャキシャキとした食感も嬉しい。 『麺』は『中太麺のちぢれ』タイプかな? プリプリとしてモチモチとした歯に伝わる感覚と喉越しも滑らかで心地好い。 トッピング類は、チャーシュー・メンマ・キャベツ・モヤシ・コーン・ネギ。 チャーシューは肉厚なのに柔らかく、噛む毎に豚肉の旨味があり『味噌スープ』がチャーシューに染み込み食べ応え十分。 メンマも肉厚でコリコリとした食感で『さっぱり』とした味わいで口直しとしてピッタリ。 コーンの甘みも良い感じ。 『味噌ラーメン』としては王道だが、ボリュームもあり値段もリーズナブル。
投稿日:2011-04-08 16:40:41
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店(大府・常滑・知多)
大府市一屋町4-111
久々の『博多ラーメン』。 スープは当然『豚骨』。 まずスープを一口飲むと『豚骨』独特の『臭み』が全くなく、『豚骨』独特の濃厚な旨味・甘み・・・・そしてコクがダイレクトで伝わってくる。 口当たりはマイルドで『こってり』感がある物の後味は『すっきり』している。 それに、驚く程クリーミーである。 『麺』も当然『極細ストレート』で、茹で加減は『バリカタ』でチョイス。 だが『バリカタ』で頼んだはずだが出て来た『麺』は個人的には『バリカタ』より二段階程柔らかい『やわ』。 小麦粉の香りは豊かであるが、食感が『柔らかく』拍子抜け。 まぁ・・・・柔らかくてもスープとの絡みは悪くないのだが。 そして、『博多ラーメン』を食べる時、毎回悩むのが『替玉』の存在。 『替玉をするとスープが『ぬるく』なる・『薄く』なる(これはラーメンダレでカバー出来るけど。)・・・そして『替玉』をするタイミング。 どこで『替玉』頼むか・・・毎回悩む。 そして悩んだ挙げ句、結局は『替玉』を頼むのである。 『替玉』では最初『柔らかかった』事を念頭に置いて『ハリガネ』でチョイス。 だが、この『ハリガネ』も個人的な印象は『カタ』。 自分のイメージよりも、やはり二段階程『柔らかい』。 『ハリガネ(カタ)』にしたおかげで、コキュコキュした歯に伝わる食感は良くなったが、固さの順番を間違えた印象は拭えない。 『固め』から『やわ』にして『麺』の食感や小麦粉の香りや甘みなどの風味を比べながら食べるのが好きなのです。 全部のせのトッピングは、チャーシュー・メンマ・半玉・海苔・キクラゲ・ネギ。 チャーシューは厚みがあり柔らかな肉の食感と脂身の甘みがあり中々の食べ応え。 キクラゲ・メンマ・海苔は箸休め程度。 味玉は少し濃い味付けだが繁盛加減は良いかな? スープは及第点の出来栄えだが、『麺』の茹で加減が少々残念。
投稿日:2011-04-05 14:27:27
春夏秋灯(津・松阪)
津市河芸町上野1507
『玉子とじラーメン』と言うよりは『玉子スープ』の中に『麺』を入れた感じの『ラーメン』。 スープのベースは『鶏ガラ』系の『塩』かな? 非常に『さっぱり』したスープだが、『鶏』の旨味と僅かに感じる魚介系の風味があり、コクがある。 カウンターから厨房が見えたが、中華鍋でスープを作っている。 そして甘みを感じたが、スープを良く見ると『白菜』が入っている。 なるほど・・・・この甘みの正体は野菜。 なんか凄いシンプルなんだけど味に深みもあり、味わい深い。 『玉子』がフワトロで非常にまろやか。 『麺』は『細麺ストレート』で、柔らかい食感だが『玉子』との絡み具合も良く喉越しが滑らかさを感じる。 名古屋や岐阜では、あまり見掛ける事のないタイプのラーメンだが中々の出来栄え。 トッピングは、白菜・チャーシュー・味玉。 味玉は、この『さっぱり』したスープには少し薄い味付け。 チャーシューは薄いバラ肉かな? 柔らかくても肉の旨味が十分に伝わる。 しかし、ネギなども追加しないとトッピングされないのには少々驚いた。 もう少し『パンチ』が欲しい所だが、あくまでも『さっぱり』にこだわったラーメンかな?
投稿日:2011-04-02 18:18:01
らーめん 江楽(名古屋市)
名古屋市守山区太田井7-10
昨日の『玉子とじラーメン』に続き名古屋の『ご当地ラーメン』である『台湾ラーメン』。 『台湾ラーメン』も随分久々な感じです。 今では『塩』・『味噌』・『豚骨』等、様々なスープでの『台湾ラーメン』がありますが、やはり王道はシンプルな『醤油』ベースの『台湾ラーメン』が基本。 まず、今回のスープは『豚骨』・『鶏ガラ』・『野菜』を使用しているが、非常に『さっぱり』したスープになっている。 『さっぱり』した中にも、特に『鶏ガラ』の旨味が主張しています。 そして、この『さっぱり』テイストのスープに、鷹の爪と共に炒めた、韮やモヤシが載っている。 『台湾ラーメン』の決め手になるのは、『坦々麺』にも用いられる『肉味噌』であるが、今回の店は『挽き肉』も韮やモヤシと共に中華鍋で炒めた物を使っている。 この所謂『野菜炒め』がスープに馴染み出すと、深みのあるコクが生まれる。 『台湾ラーメン』の特徴である『辛さ』はレベルが高い大人向きであるが、単に『辛い』のではなく『辛さ』の中に、しっかりとスープの旨味・コク・『醤油』の香りがあり、シンプルながら食べ応えのある『台湾ラーメン』に仕上がっている。 『麺』は『中太』より少し『細い』ストレート。 コシが強く噛み応えがあり、喉越しも良く『ピリ辛スープ』を、しっかりと受け止めている。 トッピングは軽く塩胡椒し、鷹の爪と共に炒めた韮・モヤシ・挽き肉。 韮やモヤシのシャキシャキとした食感と僅かに感じる塩胡椒による『塩気』が上手くスープに染み込む。 卓上にある『ニンニク』をスープに投入すれば『さっぱり』したスープに力強さがでる。
投稿日:2011-03-29 13:19:14
かいすい 本店(名古屋市)
名古屋市中川区野田1-703
久々の『かいすい』。 『かいすい』の看板メニューは、この『玉子とじラーメン』。 『玉子とじラーメン』は、『台湾ラーメン』・『ベトコンラーメン』と並ぶ名古屋の『三大ご当地ラーメン』。 この『玉子とじラーメン』の特徴は、きめ細かな『玉子』の滑らかな舌触りと、まろやかな『玉子』の風味が楽しめる事。 この『玉子』の下にあるスープのベースは『鶏ガラ系』の『あっさり醤油』。 『あっさり』しているが、しっかりと『鶏』の旨味と『醤油』のコクと香りがある。 そして、この『玉子とじラーメン』で絶妙なアクセントになっているのが『白胡麻』と薬味の『ネギ』。 時折感じた『白胡麻』の香ばしさと薬味の『ネギ』の辛みが『玉子』の甘みを引き立てる。 それと少しではあるが、あらびきの『黒胡椒』の存在もあって最初から最後まで飽きの来ないスープに仕上がっている。 『麺』は『極細ストレート』で、少し柔らかい茹で加減。 もう少し固くても良い感じだが、若干柔らかく茹でる事で、『玉子』との絡み具合が絶妙になる。 『極細麺』ではあるが、ほど好い食感と『玉子』を絡めた喉越しは衝撃的である。 トッピングは、豚の角煮(チャーシュー)・メンマ・ネギ。 メンマは正直言って業務用?かと思う感じだったので特にコメントはない。 角煮も正直言って微妙。 厚みがあるのに『箸』を入れると簡単に切れてしまう柔らかさなのに、噛むと肉のスジの様な物があり、妙に固い。 確かに『脂身』の部分は『甘み』があって柔らかかったのだが。 『かいすい』は年末年始を除けば、定休日がない為、気軽に利用出来るが、平日・休日を問わず昼時になると待ち時間が発生する。 でも、この『玉子とじラーメン』は待ってでも食べる価値があります。 もし名古屋に来たら一度は食べて欲しい『ラーメン』である。
投稿日:2011-03-29 10:47:11
麺創 なな家(豊田・岡崎・西尾)
豊田市松ケ枝町2-21-2ファッションビルMOVE1F
鰹節の香りと風味が鮮烈なスープは、鶏の旨味もしっかりと活きていて、醤油のコクと香りも良く上品なお吸い物の様なスープ。 スープは良いが肝心の『麺』は、温かい『そうめん』・・・・『にゅうめん』の様に柔らかい。 トッピングも普通の『中華そば』では考えてられない食材が載っていて個性を感じる。 『麺』の茹で加減は好みが出そう。
投稿日:2011-03-13 14:26:58
とんこつラーメン ラの壱 一宮店(一宮・稲沢・愛西)
一宮市富士3-1-2
元々口当たりが軽い『ライトトンコツ』の『ラの壱』だが、今回の春の期間限定メニューの『チャンポン麺』は更に『ライト』で、『さっぱり』と言う表現がも出来るが個人的にはスープが『薄すぎ』。 『ヘルシー』さを出したい意図は分かるが・・・。 スープ・麺・具材にあまり一体感が感じられない。
投稿日:2011-03-11 17:00:01
麺屋 らぁいち(岐阜・大垣・揖斐川)
羽島郡岐南町上印食8-60-1
『鶏ガラ』ベースの『あっさり』テイストの『醤油ラーメン』にモヤシ・ニラ・ニンニク・豚肉・唐辛子を中華鍋で炒めてあり、これらの旨味もスープに染み込む。『醤油』の香りとコクも十分。『麺』も食べ応えがある。
投稿日:2011-03-06 15:14:16
ラーメン 桜家(名古屋市)
名古屋市港区入場2-2406サンライズ入場1F
家系としてはライトの部類に入るのかも知れないが、豚骨独特の濃厚な旨味や、どっしりとした感じはないスープ。 麺は物凄く柔らかい・・・・と言うより柔らか過ぎる。『中太麺』の醍醐味である『コシ』がなく『ふにゃふにゃ』。 味玉を追加で注文したが、載せるのを忘れていた。 いきなり店員さんが賄い食を俺の隣で堂々と食べ始めた時は驚いた(普通は中休みの時に食べるんじゃないのかな?)
投稿日:2011-02-27 14:21:57
柳麺 極つ庵(豊田・岡崎・西尾)
安城市井杭山町高見6-11
『つけ麺』よりも和風ダシを多く加える為か、後味が『さっぱり』。動物系の濃厚な旨味と節系の風味とのバランスが良い感じ。 もう少し『麺』が長いと、もっと好きになる。
投稿日:2011-02-20 19:28:07

1/2ページ

(1~10件目)

12次へ>